ゲーム紹介 機能紹介 ギャラリー 製品情報 サポート 関連情報
[アップデートパッチ情報]
最新アップデートパッチはコチラ
[ビュアーソフトについて]
Windows10へのアップグレードを行なった際、再度認証作業を行う必要がございますのでご了承ください。
Windows8に関する不具合は、
こちらを参照ください。
 本ソフトに関する技術的なお問い合わせは、ユーザーサポート係にご連絡ください。
また、ゲームの遊び方や攻略方法についてはお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

[ユーザーサポート係]

TEL:03-6219-7070
受付時間:
祝日を除く 13:00 〜 17:00
お問い合わせになる前に、お客様のパソコンの環境をお調べください。
メーカー製のパソコンでも、詳細なスペックをお調べくださいますようお願いします。
迅速なユーザーサポートのために、ご協力をお願いします。
Q. Alpha-Activationの認証が完了しているにもかかわらず、ゲーム起動時に認証画面が表示されます。
A. ネットワークアダプタを無効にしたり、ご使用のハードウェアの構成を変更したりすると、
再びAlpha-Activationの認証が必要になる場合がございます。お手数ですが、再度シリアルコードを
入力して認証していただくようお願いいたします。
Q. いろいろな種類があるのでどれを購入すればよいのかわかりません。
A. こちらのページをご覧ください。
Q. サイバーフロントから発売されていたA9からバージョンアップできますか?
A. サイバーフロントから発売されていたパッケージからでもVersinon4.0にアップグレードすることができます。
Q. Version2.0からアップグレードしたのですが、以前のバージョンでセーブしたデータがありません。
A. A列車で行こう9 Version3.0 プレミアム および A列車で行こう9 Version3.0 プレミアム アディショナルパックをインストールする際に、以前のバージョンがインストールされていた場所以外を指定されている場合には、セーブデータが以前のバージョンがインストールされていた場所に残っています。

その場合にはお手数ですが以前のバージョンのインストールされていた場所にある「save」フォルダー内にあるファイルやフォルダーをVersion3.0のインストールされている場所にある「save」フォルダー内にコピーしていただくことによって以前までプレイされていたバージョンで作成されたセーブデータをご利用いただけます。

アップグレード版のVersion3.0をインストールする際に初期状態で表示されているインストール先がアップデート前のA列車で行こう9がインストールされている場所になりますので、そのままの状態でインストールいただいた場合には以前のバージョンで作成されていたセーブデータがそのままご利用いただけます。
Q. インストールやアンインストールの際に、デスクトップのショートカットが削除されるタイミングで「警告1910。ショートカット○○(デスクトップ上のショートカット名).lnkを削除できません。ショートカット  ファイルが存在するか、またこのファイルへのアクセス権を持っているかどうかを確認してください。」という警告が表示されてしまい、デスクトップ上のショートカットが削除されません。
A. NVIDIA社製のグラフィックスドライバーをインストールされている環境にて、デスクトップ上のショートカットが正常に削除されない問題が確認されております。
本件の警告が表示される場合でも、インストールおよびアンインストールは正常に完了しておりますので、お手数ですがデスクトップ上に残ったショートカットは手動操作にて削除して頂きますようお願いいたします。
Q. Windows Vista 32bitで、アルファアクティベーションの認証を行うタイトルを起動しようとすると、
「動作を停止しました」というメッセージが表示され、起動しない
A. 対応方法については、セテック社のサポートページをご確認ください。
≫Windows 32bit Updateによるプロテクトエラー解決方法へ
Q. Windows8搭載PCに、「A列車で行こう9 建物キット2nd」をインストールしようとすると、
『[19111]ライセンス認証に失敗しました』のメッセージが表示され、インストールできない。
A.
@下記の「ダウンロード」をクリックしてファイルをダウンロードし、ダウンロードしてきたZIPファイルを解凍してください。
(5.45MB)
ADVDドライブに「建物キット2nd」のディスクを入れた状態で、解凍したZIPファイルの中にある
 「
StructureKit2nd.exe」を実行してください。
Bインストーラーの指示に従ってインストール作業を行ってください。
  建物の追加完了のメッセージが出れば、インストール完了です。
Q. 「建物キット2nd」をインストールして、ゲームを起動させようとすると、
起動時に起動動作が停止されてしまいゲームを遊ぶことができない。
A. アップデートパッチ「Version 1.00 Build 185」の適用をお願いいたします。
≫「Version 1.00 Build 185」はこちら
Q. ショートカットアイコンをダブルクリックしても何も反応しません。
(シリアルコード入力画面、またはゲーム画面が表示されません。)
A. ご使用しているパソコンの「日本語入力システム(IME)」にて
「Microsoft Office IME 2007」、「Microsoft Office IME 2010」を設定しておりますと、
ショートカットアイコンをダブルクリックしても何も反応せず、シリアルコード入力画面、
またはゲーム画面が表示されない現象を確認しております。
以下の手順にて「Microsoft IME」へ設定を切り替えて下さい。
●Windows 7、Windows Vistaをご使用の場合。

1.IME 言語バーの上で右クリックして、[設定] をクリックします。
2.[テキスト サービスと入力言語] ダイアログ ボックスの [全般] タブで
 [追加] ボタンをクリックします。
3.[入力言語の追加] ダイアログ ボックスで [日本語 (日本)] を
 クリックして、[キーボード] から [Microsoft IME] のチェックボックスを
 オンにします。 次に [OK] をクリックします。
4.[既定の言語] ドロップダウンリストから
 [日本語 (日本) - Microsoft IME] をクリックし、
 [適用] をクリックします。
5.[OK]をクリックし、画面を閉じた後パソコンを再起動します。


●Windows XPをご使用の場合。

1.IME 言語バーの上で右クリックして、[設定] をクリックします。
2.[テキスト サービスと入力言語] ダイアログ ボックスの [設定] タブで
 [追加] をクリックします。
3.[入力言語の追加] ダイアログ ボックスで、
 [入力言語] ドロップダウンリストから [日本語] をクリックします。
4.[キーボードレイアウト/入力システム] チェック ボックスをオンにして、
 ドロップダウンリストから [Microsoft IME Standard 2002 ver. 8.1]
 または [Microsoft Natural Input 2002 ver. 8.1] をクリックします。
5.コンピューターを再起動します。
6.[テキスト サービスと入力言語] ダイアログ ボックスの [設定] タブで
 [既定の言語] ドロップダウンリストから
 [日本語 - Microsoft IME Standard 2002 ver. 8.1]
 または [日本語 - Microsoft Natural Input 2002 ver. 8.1] をクリックし、
 [適用]をクリックします。
7.[OK]をクリックし、画面を閉じた後パソコンを再起動します。
Q. ライセンス認証ができません。
A. ファイヤーウォールやセキュリティソフトが認証プログラムの機能を遮断している可能性があります。
セキュリティソフトの説明書を参考に設定を変更の上お試しください。
- 「1911」エラーが表示されるか、認証画面が表示されません。
認証プログラムの仕様として、ゲームの実行EXEを起動する度に「lder.exe」というファイルがTEMPフォルダに生成されます。
セキュリティソフトの種類やバージョンにより、ゲームの実行EXEと、この「lder.exe」がウイルスとして検知される場合が
ありますが、この2つのファイルとフォルダを例外対象として設定してください。
● ウイルスバスターをお使いの方
● avast! HomeEditionをお使いの方
● ノートン インターネットセキュリティをお使いの方
● McAfee インターネットセキュリティ
● ウイルスセキュリティZERO
● G DATA インターネットセキュリティ
ウイルスバスター

1.常駐機能を停止する
2.ゲームを起動し、認証画面が出るかを確認する
3.認証画面が表示されている状態で「スタート」-「検索」で「lder.exe」を検索し、「lder.exe」の位置を調べる
 ※「lder.exe」はゲーム起動時に生成されるTEMPファイルです。
  生成される位置はPC環境によって異なりますのでゲーム起動後、検索機能で位置を調べる必要があります。
4.タスクトレイのアイコンを右クリック
5.「メイン画面を起動」をクリック
6.「ウイルス/スパイウェアの監視」の「設定」ボタンをクリック
7.「検索の種類」ダイアログの「リアルタイム検索」をクリック
8.右メニューの「詳細設定」をクリック
9.「検索対象」ダイアログの「特定のファイル/フォルダを検索対象から除外」を選択
10.表示されたダイアログで以下の設定を行う
 「フォルダの追加」をクリック
 「lder.exe」のフォルダ、ゲームフォルダを登録
11.「OK」をクリック


●avast! HomeEdition

1.常駐機能を停止する
2.ゲームを起動し、認証画面が出るかを確認する
3.認証画面が表示されている状態で「スタート」-「検索」で「lder.exe」を検索し、「lder.exe」の位置を調べる
 ※「lder.exe」はゲーム起動時に生成されるTEMPファイルです。
  生成される位置はPC環境によって異なりますのでゲーム起動後、検索機能で位置を調べる必要があります。
4.タスクバーのavastアイコンを右クリック
5.「オンアクセス保護の管理」をクリック
 ※「簡易表示」になっている場合は「詳細」ボタンをクリック
6.ダイアログで「標準シールド」をクリック
7.「プロバイダの設定」の「詳細な設定」をクリック
8.「追加設定」タブをクリック
9.「追加」ボタンをクリック
 「lder.exe」、ゲームの実行EXEを登録
10.「OK」をクリック


ノートン インターネットセキュリティ

1.常駐機能を停止する
2.ゲームを起動し、認証画面が出るかを確認する
3.認証画面が表示されている状態で「スタート」-「検索」で「lder.exe」を検索し、「lder.exe」の位置を調べる
 ※「lder.exe」はゲーム起動時に生成されるTEMPファイルです。
  生成される位置はPC環境によって異なりますのでゲーム起動後、検索機能で位置を調べる必要があります。
4.タスクバーのアイコンを右クリック
5.「Norton Protection Center」をクリック
6.左メニューの「オプション」をクリック
7.「Norton Internet Security」をクリック
8.「Norton Internet Security」ダイアログの左メニューから「除外」→「スキャン」を選択
9.「スキャンから除外するディスク、フォルダ、ファイル」の「新規」ボタンをクリック
10.ダイアログのフォルダアイコンをクリックし、
 「lder.exe」、ゲームの実行EXEを登録
11.「サブフォルダを含める」にチェック
12.「OK」をクリック
13.「Auto-Protect スキャンから除外するディスク、フォルダ、ファイル」の「新規」ボタンをクリック
14.ダイアログのフォルダアイコンをクリックし、
 「lder.exe」、ゲームの実行EXEを登録
15.「サブフォルダを含める」にチェック
16.「OK」をクリック


McAfee インターネットセキュリティ

・ウイルス検査に反応してしまった場合
1.検出通知ダイアログから、「このプログラムを信頼」を選択
この操作で信頼リストに追加されます。


ウイルスセキュリティZERO

1.常駐機能を停止する
2.ゲームを起動し、認証画面が出るかを確認する
3.認証画面が表示されている状態で「スタート」-「検索」で「lder.exe」を検索し、「lder.exe」の位置を調べる
 ※「lder.exe」はゲーム起動時に生成されるTEMPファイルです。
  生成される位置はPC環境によって異なりますのでゲーム起動後、検索機能で位置を調べる必要があります。
4.タスクトレイのアイコンを右クリック
5.「設定とお知らせ」をクリック
6.左メニューの「ウイルスとスパイウェアから守る」をクリック
7.「設定」ボタンをクリック
8.「ウイルス自動検知」タブをクリック
9.「ウイルス検査対象」の「検査したくないファイル、フォルダを指定する」をクリック
10.ダイアログの「ファイルやフォルダを追加」をクリック
11.「フォルダを追加する」をクリック
 「lder.exe」、ゲームの実行EXEを登録
12.「ウイルス自動検知の対象にしない」にチェック
13.「手動検査の対象にしない」にチェック
14.「サブフォルダも含む」にチェック
15.「OK」をクリック


G DATA インターネットセキュリティ

1.常駐機能を停止する
2.ゲームを起動し、認証画面が出るかを確認する
3.認証画面が表示されている状態で「スタート」-「検索」で「lder.exe」を検索し、「lder.exe」の位置を調べる
 ※「lder.exe」はゲーム起動時に生成されるTEMPファイルです。
  生成される位置はPC環境によって異なりますのでゲーム起動後、検索機能で位置を調べる必要があります。
4.タスクトレイのアイコンを右クリック
5.「G DATA インターネットセキュリティの起動」をクリック
6.左メニューの「ステータス」をクリック
7.「ウイルスガード」をクリック
8.「編集」ボタンをクリック
9.「詳細設定」をクリック
10.「オプション」ダイアログの「例外」をクリック
11.「新規作成」ボタンをクリック
12.「例外」ダイアログの「種類」の中から「ディレクトリ」を選択
13.「...」ボタンをクリック
 「lder.exe」、ゲームの実行EXEを登録
14.「OK」をクリック
Distributed by Cyberfront. (C)2010 ARTDINK. All Rights Reserved. アートディンク公式ホームページへ